医療機関が行う講演会に対する寄附

医療機関が、医療関係者を対象に医学知識・医療技術の取得・向上を目的として行う講演会や
一般人を対象として病気の予防、衛生知識の普及、公衆衛生の向上等を目的として行う講演会を支援する
プログラムです。

募集要項


申請期限
開催日(または開催期間の初日)の2か月前まで

応募資格
法令に従って寄附金を受領することができる医療機関が対象です。(医療機関、研究所、治療機関等)
※医療従事者個人は対象外です。

対象講演会
弊社が製品を提供する疾患領域に関連した下記の講演会
①当該医療機関以外の医療関係者に対して広く参加の機会を提供し、医学知識・医療技術の習得を目的とした講演会
②一般人を対象として、病気の予防、衛生知識の普及、公衆衛生の向上等を目的とした講演会

選考方法
慈善寄附審査委員会にて公正に審議します。

決定通知
慈善寄附審査委員会開催後、弊社よりご連絡します。

申請後のプロセスと留意点
< プロセス >
processimage
留意事項
  • 寄附金は、医療機関または研究団体・組織の公式の銀行口座にのみ支払われるものとし、医療関係者個人の銀行口座ないし第三者の銀行口座へのお支払いはできません。
  • 請求書、受領書、その他受領を確認するための正式な書面の発行をいただくことが必要になります。
  • 寄附金の受領者に対して、次の事項が示された書類のご提出を求めさせていただく場合があります。
    • 弊社が提供した寄附金が申請内容と一致した方法で使用されたことを示す書類
    • 寄附金の趣旨が達成したか否かを示す書類
    • 製薬協のプロモーションコード、公正競争規約その他法令により要求される情報
  • 以下に該当する場合には寄附金を提供させていただくことができません。
    • 活動に対し、他の者からの寄附・助成金で募集総額が満たされる場合。
    • 間接経費、職員の給与等、当該助成金が、医療機関が自ら支出すべき費用の肩代わりとなる場合。
    • 当該助成金が政治活動に使用される場合。
  • 同一医療法人の他の医療関係者、同一医局から他の病院に出向・派遣されている医療関係者に参加が限定される場合は、幅広い参加の機会を提供しているとは言えず、寄附金を提供することができません。
  • 遊び、サービスが中心となる講演会や医療機関の受診勧誘、広告・宣伝を目的とした講演会には寄附金を提供することができません。
  • 医療機関の概要がわかる資料、趣意書、講演会の予算計画書を事前にご提出いただく必要があります。
  • 講演会の終了後に決算書をご提出いただき、拠出した寄附金が適正に使用されたか、確認をさせていただきます。
 

申請方法
当Website下部より応募申請書をダウンロードし必要事項を記入の上、下記3点の必要資料と共に以下のアドレスにご送付ください。

【応募申請書以外の必要資料】
 ①医療機関の概要がわかる資料 (施設案内など)
 ②趣意書
 ③講演会の予算計画書

【送付先アドレス】JPGileadCSR@gilead.com

問い合わせ
ギリアド・サイエンシズ株式会社 広報部
JPGileadCSR@gilead.com
医療機関が行う講演会に対する寄附
応募申請書ダウンロード